骨の老化防止

骨密度の低下

年齢を重ねるごとに骨が衰え、折れやすくなっていくことを皆さんは知っていますか?

体の中で、骨を壊す細胞の破骨細胞が塩酸を出し骨を溶かしていき、骨を作る細胞がコラーゲンとカルシウムを使って骨を補修し作っていくということを繰り返し行われていて、そうやって全体の骨の1割が新しい骨に変わり続けているとのことです。

加齢により、この骨を壊す細胞の「破骨細胞」と骨を作る細胞の「骨芽細胞」のバランスが崩れ、破骨細胞が活性化して骨芽細胞が骨を修復するのが間に合わなくなることになるのです。

20代から40代が最大でそれ以降は、どんどん骨密度が減っていき、放っておくとしまいには骨粗しょう症になってしまうそうです。

骨粗しょう症とはカルシウム不足や加齢、閉経、病気、薬等が原因で骨の新陳代謝のバランスが崩れ骨密度が低下し骨がもろくなってしまう病気です。

高齢者の骨折のほとんどが骨粗しょう症だと言われています。

元々、骨が細いことと骨量が少ないことさらに閉経により女性ホルモンが低下することも影響し、男性より女性の方が骨粗しょう症になりやすいと言われています。

骨密度が低下した骨は、骨の内部がスカスカでちょっとした衝撃でも折れてしまうそうです。

ですが、問題は注意しようにも骨密度の低下は自覚症状がないのです。知らないうちに進んでいくので手遅れになってしまうそうです。

骨粗しょう症になる初期では、どんな症状がでるのでしょう。

・立つときに、腰や背中に痛みを感じる。

・腰や背中が曲がってくる。

・身長が少し縮む

こんな状態になると注意が必要です。この状態ならまだ骨密度の低下を止め、骨粗しょう症になるのを防ぐことができます。

骨を丈夫にするホルモン

睡眠を促すホルモン「メラトニン」について【睡眠に必要なこと】で説明していますが、骨にも大きな関りがあることがわかってきました。

破骨細胞の活性化を抑えるのが「メラトニン」だということが最近わかってきたのです。

では、どうすれば「メラトニン」を分泌させることができるのでしょうか?

【睡眠に必要なこと】に書いてあるとおり、朝6時から9時くらいの間に太陽の光を30分ほど浴びると眠気を促すホルモン「メラトニン」がストップし、ビタミンDが生成され、カルシウムの吸収率が上がり、骨の新陳代謝も活発化する。

朝、味噌汁を飲むと味噌にはトリプトファンという成分が含まれていますが約15時間後にメラトニンという睡眠を促すホルモンに変わる。

ですので、例えば、朝8時に太陽光を浴びると約15時間後の夜11時に睡眠に入れるということです。

太陽光を浴びる量が多ければ多いほど、分泌される「メラトニン」の量も多くなるとの事です。

ということで、「メラトニン」を分泌するとよい睡眠とじょうぶな骨をを手に入れることができるため一石二鳥という訳です。